何にも興味がわかないそれはうつ病のサインかも?

サイトメニュー

当たり前の健康とうつ病について

ハートと聴診器

うつ病への理解と対応の仕方

うつ病が厄介なのは、うつ病だと本人が認識しづらいということです。うつ病の症状は誰でも感じたことのあるような、何にも興味がわかないなどの落ち込みや憂鬱などから始まることも多く、初期症状の段階では気づきにくい傾向にあります。また、責任感の強い人や真面目な人ほどうつ病にり患していることに気づかないということが多くあります。なので本人がうつ病だと認識していなくても、おかしいな?うつ病かな?と周りの人が気づくこともとても大切なことになります。では身内や身近に接する人がうつ病になった場合にはどうしたらいいのでしょうか?まずできることはうつ病への正しい知識と理解を持つという事です。それからできる対処法や対応の仕方について考えていきましょう。対応や接し方については正しいうつ病についての知識を理解した上で、専門の医師や心療内科で相談をしてみるのも1つの方法となります。まずはうつ病を発症している本人に精神的負担を与えないように意識して治療について考えてみるようにしましょう。

健康とは当たり前に眠れること

うつ病を発症すると大抵の人は眠るという事に難しさを感じてきます。うつ病と睡眠の関係性はとても密接に関係していると言われています。睡眠不足がうつ病を発症させる原因となることも多くあるんですよ。うつ病になったから眠れないのか、眠れなかったからうつ病になったのかはどっちとは言い切れないほど関連性が高くなります。うつ病の初期症状ではまず、寝ようとしても眠れない、目がさえるなどがあります。睡眠が取れなくなると日中の活動にも支障をきたして、仕事のミスが増えたり、頭がぼーとしたり体が重く感じたりします。また、何にも興味がわかないなどの意欲低下も顕著になってきます。なので、睡眠に対して問題を少しでも感じたら早めの診療を受けることをおすすめしますよ。

Copyright© 2019 何にも興味がわかないそれはうつ病のサインかも? All Rights Reserved.